王子歯科クリニックは土曜日も19時半まで診療。王子駅北口徒歩1分

tel:0120948395
オンライン予約はこちらから
【診療時間】9:30~13:30/15:30~19:30最終受付は診察終了時間の30分前までとなります
土曜日も19時半まで診療
休診日カレンダーはこちら
お知らせ
2019年9月から当面の間、木曜・土曜が休診となります。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、お間違いないようご来院ください。
銀歯を白い歯に!CAD/CAM冠

健康保険でできる白いかぶせ物

通常セラミックを使用した白いかぶせ物は自費診療(保険適用外)での治療になりますが、今回、セラミックとプラスティックを使用した白いかぶせ物(CAD/CAM冠)が保険適用でできるようになりました。

  • トップ
  • 健康保険でできる白いかぶせ物
お悩みチェックに一つでも当てはまったら、CAD/CAM冠をおすすめします!
銀歯を白い歯に!
王子歯科クリニックが銀歯をおすすめしない理由

銀歯に使用されている金属が何か知っていますか?

銀歯と聞くと、使用されている金属は「銀」だと思われがちですが、使用されているのは12%金銀パラジウム合金」という金属です。この金属には「銀以外にもパラジウムやイリジウムなど様々な金属が混合されています。
また、現在では少なくなっていますが、「アマルガム」と呼ばれる金属を使用している時代もありました。アマルガムの主成分は水銀になります。
水銀と言えば水俣病などが連想され、危険な物質だというイメージがあるかと思いますが、現在でも保険適用の素材として使用することが厚生労働省により認められています。

銀歯を使用しているのは先進国では日本だけ
1980年以前に銀歯の治療をした方は、「アマルガム」が使われているかもしれません→
セラミックをおすすめする理由

銀歯が金属アレルギーや不快感を引き起こすことを知っていますか?

銀歯による金属アレルギーは、経年劣化で体内に溶け出した銀歯の成分が蓄積されることによって発症することが分かっています。
銀歯は金属ですので、長期間口腔内にあることで唾液などの水分により徐々に溶け出してしまいます。
金属アレルギーの症状は銀歯がある口内だけにとどまらず、銀歯が触れていない部分にも影響が出る場合もあるため、アレルギー症状の原因が銀歯だとわからず特定に時間がかかることもあります。

金属アレルギーの症状

その他にも、銀歯がある歯の周辺の歯肉が黒ずんでしまうメタルタトゥーという症状を発症することもあります。これも、銀歯が金属がゆえに起こる現象です。溶け出した成分が歯や歯肉に移り、黒く見えてしまうようになり、これを改善するためには外科的処置を行い歯肉を切除しなければ健康的な歯肉の色に戻すことはできません。
また、金属を噛んだ時に「キーン」とした不快感を感じる場合もあります。これはガルバニー電流と呼ばれ、異なる金属同士が水分を媒介に電流を発してしまう症状で、口腔内に銀歯がある限り、どなたにでも起こる可能性があります。

ガルバニー電流
金属アレルギーの症状がある方は銀歯が原因の場合もあります。→
金属を一切使用しないセラミック

銀歯が腐食し劣化すると虫歯になる場合があることを知っていますか?

金属は長期間水分に触れていると腐食してしまいます。これは銀歯にも起こり、経年劣化で銀歯の部分とご自身の歯との間に小さな隙間ができてしまいます。この隙間から菌が入り込み、虫歯が再発してしまうことが多くあります。
また、虫歯治療で神経を抜いたところに銀歯を被せている方もいらっしゃると思いますが、神経を取っていても虫歯にはなります。もちろん神経がないので痛みは感じませんが、そのため発見が遅れ、最終的に抜歯をしなければいけないこともあります。

神経を抜いている歯に銀歯が入っている場合は特に注意が必要です。→
虫歯の再発リスクを少なくするセラミック
王子歯科クリニックがCAD/CAM冠をおすすめする理由

CAD/CAM冠はセラミックとプラスティックを含んだ白いかぶせものです

CAD/CAM冠(キャドキャムカン)はハイブリットレジンと呼ばれる、セラミックとプラスチックを合わせた材料でできています。
もちろん自費診療で用いられるセラミックのかぶせ物に比べると色調が単調で、透明感がないことや、耐久性で劣ってしまうデメリットはありますが、価格的には大幅に安価となり、銀歯に比べると目立ちにくいものを作成することができます。
健康保険適用で、負担金が3割の場合、銀歯は約4000円、CAD/CAM冠は約6000円程度になります。

CAD/CAM冠は健康保険が適用できます

CAD/CAM冠は金属を一切使用しません

CAD/CAM冠(キャドキャムカン)は金属を一切使用しません。
銀歯の様に金属成分が溶け出し、歯肉が黒ずんでしまう心配や、金属アレルギーを発症してしまう心配もありません。

CAD/CAM冠は金属を一切使用しません
CAD/CAM冠適用には条件があります

治療する歯が上下4番・5番の歯、もしくは7番目の歯が上下4本残っている場合の下の6番目の歯

残念ながらCAD/CAM冠はすべての歯に適用できるわけではありません。保険適用の範囲では、小臼歯と呼ばれる4番目・5番目の歯、もしくは7番目の歯が上下4本とも残っている状態で下の6番目の歯を治療する場合のみとなっています。
また、7番目の歯が残っていても、噛み合わせや喰いしばりなどの影響で適応できない場合もあります。
保険適用外の歯を、白い歯にしたい場合、当院ではセラミックをお勧めしていますが、保険適用と同じ工程で作成する自費のCAD/CAM冠も取り扱っております。
保険適用の物と比べると費用は上がりますが、オールセラミックに比べるとぐっと費用を抑えることができます。

CAD/CAM冠が適用される条件1
全ての歯が保険適用で白いかぶせ物にできるわけではありません。

金属アレルギーをお持ちの方は適用範囲が広がります

金属アレルギーの方は、上下の4番・5番目の歯はもちろんのこと、上下の6番目・7番目の歯も保険適用での治療をお選びいただけます。
アレルギーがない方と違い、7番目の歯は4本残っていなくても6番目の治療ができ、7番目の歯も治療できます。
ただし、金属アレルギーをお持ちだということを証明する医師の診断書が必要となります。
詳しくは当院にご相談ください。

CAD/CAM冠が適用される条件2
金属アレルギーをお持ちの方は、保険適用の範囲が広がりますが、医師の診断書が必要です

tel:0120948395 王子歯科クリニックオンライン予約 王子歯科クリニックへのアクセス