王子歯科クリニックは土曜日も19時半まで診療。王子駅北口徒歩1分

tel:0120948395
オンライン予約はこちらから
【診療時間】9:30~13:30/15:30~19:30最終受付は診察終了時間の30分前までとなります
土曜日も19時半まで診療
休診日カレンダーはこちら
お知らせ
2018年8月より日曜・祝日が休診(土曜日が祝日の場合は診療)となります。
また、診療時間が9:30~13:30/15:30~19:30に変更となります。
※現在18時以降や土曜日のご予約が取りずらくなっております。ご希望の患者様は早目のご予約をお願いいたします。
インプラント

入れ歯(義歯)

入れ歯が合わずに、日常生活に大きな負担とストレスを抱えていませんか? 噛める入れ歯、外れない入れ歯、目立たない入れ歯など、患者様お一人おひとりに合った入れ歯をご用意しております。

入れ歯(義歯)とは

入れ歯はご自分の歯ではないため、確かに天然歯のような使い心地を実感できるものではありません。しかし、入れ歯に対する不満を我慢する必要はありません。 当院では、さまざまな入れ歯治療のメニューをご用意し、患者さま一人一人のニーズに合わせた、最適な入れ歯治療をお選びいただけます。

入れ歯のお悩み

入れ歯の種類

レジン床(プラスチック製)の入れ歯

健康保険適応の入れ歯では、入れ歯全体がレジンと呼ばれるプラスチックの材料を使って作られます。レジン床はプラスチックであるため、強度を確保するために上顎の口蓋部分や、下顎の舌に触れる部分である義歯床に、ある程度の厚みを持たせる必要があります。そのため、レジン床義歯を初めてご利用される方は、その違和感や厚み、口腔内が狭くなる感じに驚かれる方もいらっしゃいます。 しかし、健康保険が適応されるため、費用が抑えられるという点と、レジン床は破損時にも比較的簡単に修理ができるというメリットがあります。

レジン床の入れ歯

金属床の入れ歯

金属床義歯とは、床部分を金属で作成した入れ歯です。 金属床は、健康保険で利用できるレジン床に比べて義歯床部分を大幅に薄くすることができます。そのため、違和感が少なく、発音やお食事がしやすくなります。 熱伝導も良いため、お食事がおいしく感じるという方もいます。 また、精度も高く、吸着の良い、口腔内にぴったりと合ったものを作成することができます。丈夫で破折など壊れることも少ないため、長くご利用いただけるという特徴もあります。

金属床の入れ歯

ノンクラスプデンチャー

通常、歯に入れ歯を固定するためには、クラスプという金具を使って、歯に入れ歯をひっかけておく必要があります。 ノンクラスプデンチャーでは、そのクラスプ部分も樹脂製の透明感のあるピンク色(位置によっては白色)の素材を利用し、他人からは入れ歯をしているということが分からないような審美性を重視した入れ歯です。 ノンクラスプデンチャーは、審美性に優れていますが、多数歯欠損の場合には適応できないことがあること、経年劣化により、固定が緩くなってくると、金属クラスプのように締め直しが簡単には出来ないという問題もあります。

ノンクラスプデンチャー

マグネットデンチャー

マグネットデンチャーは、残っている歯と入れ歯にマグネットを装着し、口腔内と入れ歯を固定し、安定させる入れ歯です。 マグネットで入れ歯が固定されるため、外れにくく、噛みやすくなるというメリットがあります。 マグネットデンチャーは、数本の欠損を補う部分入れ歯から、ほとんど根っこしか残っていない、見た目は総入れ歯のようなケースにもご利用いただけます。

マグネットデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、インプラントを支えにして入れ歯を固定する入れ歯で、主に総入れ歯の方に適応されます。インプラントを2本~4本歯埋入し、そこに入れ歯を固定します。 固定方法は、インプラントと入れ歯にマグネットを装着し、磁器の力で入れ歯を固定する方法や、ボール状のボタンで固定する方法など、さまざまなものがあります。 インプラントオーバーデンチャーは、入れ歯が外れにくく、噛みやすくなり、通常の全顎的インプラント治療と比較し、手術も簡単で、費用も抑えられる治療方法です。総入れ歯が外れやすい、噛みにくいなどとお悩みの方におすすめです。

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯(義歯)治療料金について

入れ歯治療の自費診療の料金をご案内しております。下記よりご確認ください。

tel:0120948395 王子歯科クリニックオンライン予約 王子歯科クリニックへのアクセス