王子歯科クリニックは土日、祝日も20:00まで診療。王子駅北口徒歩1分

tel:0120948395
オンライン予約はこちらから
【診療時間】10:00~14:00/16:00~20:00最終受付は診察終了時間の30分前までとなります
土日・祝日も20時まで診療
休診日カレンダーはこちら
お知らせ
2018年8月より日曜・祝日が休診(土曜日が祝日の場合は診療)となります。
また、診療時間が9:30~13:30/15:30~19:30に変更となります。
※現在18時以降や土曜日のご予約が取りずらくなっております。ご希望の患者様は早目のご予約をお願いいたします。
予防歯科

予防歯科

虫歯や歯周病で歯科での治療が必要な状態にならないように、口腔内のトラブルを未然に防ぐための予防プログラム

予防歯科とは

日本では歯科医院は、虫歯になったら行くところ、虫歯治療をするところと言う考え方が一般的で、歯が痛くなったり、なんだかの症状が現れてから歯科受診される方がほとんどでした。 しかし、一度でも虫歯治療を行った歯は、全く虫歯治療を行っていない歯に対して、寿命が10年以上縮むとも言われています。また、虫歯治療をした歯は、自分自身の歯と、修復物とのわずかな隙間から、虫歯を再発させるリスクも高まり、その後も何度も治療を繰り返してしまうこともあります。

歯のライフサイクル

歯は予防で守ることができる

予防歯科では虫歯や歯周病で歯科での治療が必要な状態にならないように、口腔内のトラブルを未然に防ぐための予防プログラムを実施します。
予防歯科先進国と言われるスウェーデンでは、定期検診の受診率が高く、子供ではほぼ100%、成人でも80%以上が年に数回の歯科定期検診を受診しています。80歳の方の平均的な残存歯本数は20本と、多くの方が自分の歯で生涯食事をすることができています。 一方、日本では予防歯科がまだまだ浸透しておらず、歯科の定期検診を受けている人は全体の約2%、80歳での残存歯本数は8.8本です。

80歳の平均残存歯数
定期検診・メンテナンス受診率

歯の定期検診の受診は、歯の残存本数と深く関係があり、残存歯数に大きな影響を与えます。 自分の歯で生涯噛めるということは、全身の健康、QOL(生活の質)にも関わります。 生涯ご自分の歯で噛める、好きなものが食べられるようにするためにも、予防歯科は重要なのです。

一人平均残存歯数の比較 上記のグラフから、定期検診を受診していた人はほとんど歯がなくならないという結果がわかる。
歯磨き指導のみ受診していても、80歳の段階ではわずか5本しか残らない。

定期検診

定期検診では、口腔内チェック、歯周検査、歯石除去などを中心に、必要に応じた検査を行います。 症状に応じて、唾液検査や、位相差顕微鏡を利用しての細菌検査なども併用し、虫歯や歯周病のリスクを確認します。
口腔内チェックでは、虫歯や、咬み合わせの変化による被せ物の不良などを早期発見し、早期治療や現状維持のための予防処置を行います。 歯周検査では、歯周ポケット測定、歯の動揺度の診断などを行い、歯周病を早期発見することや、歯周病になりそうな部分を事前に知り、予防することが可能です。 歯石が付いている場合には歯石の除去も行い、虫歯や歯周病など、さまざまな口腔内のトラブルの原因となる歯垢の付着や細菌の繁殖を抑えます。
年に数回の定期検診を実施することで、口腔内のトラブルを未然に防ぐ、早期に発見することができます。

歯科定期検診は医療費を抑える?

歯科定期検診と、生涯の医療費とを調査したデータがあります。 定期検診を受けていた人は48歳までは、定期検診を受けていない人と比較して検診費用なで医療費が年間2万円ほど高くなっているのですが、49歳で逆転し、65歳では、定期検診を受けていた人の医療費は、受けていない人の医療費に比べて年間15万円も低くなっています。 この差は、定期検診を受けずに、残存歯数が減ってしまった人では、全身の健康状態も悪くなる傾向にあり、医療費が増大しているのではと考えられます。 歯科定期検診は、歯を守るだけでなく、全身の健康を守ることにもつながっていると考えられます。

残存歯数と総医療費の関係 残存本数「0~4本」の人は年間平均541,900円、「20本以上」の人は年間平均364,600円となっており、総医療費は約1.5倍です。

予防メニュー

当院の予防歯科では、虫歯や歯周病を未然に防ぐための処置を行います。 フッ素コーティング、ブラッシング指導、歯のクリーニング、ミネラルパックなどを行っています。

フッ素コーティング

高濃度のフッ素をクリーニング後の歯面にコーティングしていきます。フッ素コーティングには以下の4つの効果が期待できます。

  • エナメル質を強化し虫歯になりにくい歯を作る
  • 歯の石灰化を促進し、虫歯になりかけている歯の再石灰化を促す
  • 虫歯菌の活性を抑える
  • 着色をつきにくくする
フッ素コーティング

ブラッシング指導

予防歯科では、毎日のご自身での歯磨きもとても重要なポイントとなります。 当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っています。 患者さま一人一人にあった歯ブラシの選択から、磨き方、補助清掃用具の使用方法まで丁寧にご説明させていただきます。 ご自身でのブラッシングがきちんとできていれば、虫歯や歯周病のリスクは大幅に軽減されます。
ご希望や必要に応じて、磨き残しの染めだしを行い、どの程度の磨き残しがあったのかを数値化して記録します。 だんだんブラッシングが上手くなってくると、この数値が下がってくるので、わかりやすく目標設定もしやすくなります。

ブラッシング指導

歯のクリーニング

当院の予防歯科ではPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーンニング)を行います。 歯科衛生士がPMTC専用の器具、歯面研磨ペーストを使い、歯石除去だけでなく、歯の表面のステインを除去し、歯面をつるつるに、汚れが付きにくい状態に清掃していきます。

歯のクリーニング

PMTCを行うことによって、ご自分のブラッシングでは除去することのできなかった歯石、歯垢が除去でき、虫歯、歯周病の予防効果も高まります。 また、歯についた色素(ステイン)の除去も行うことで、本来の歯の色を取り戻すことができます。
PMTCは予防歯科先進国スウェーデンでの定期検診でも実施されており、予防歯科には欠かすことのできないプログラムの一つとなっています。

PMTC術前
PMTC術後

ミネラルパック

歯にはカルシウムやミネラルなどの成分が多く含まれています。虫歯になりかけている歯は、このミネラル分が虫歯菌の出す酸によって少しずつ溶かされてしまっています。ミネラルパックでは、専用のミネラルペーストを歯に塗布し、溶け出してしまったミネラル分を補い、歯が溶けだし虫歯になるのを予防します。

ミネラルパック

tel:0120948395 王子歯科クリニックオンライン予約 王子歯科クリニックへのアクセス